お金を借りる方法【銀行〜消費者金融まで】

お金を借りる方法【銀行〜消費者金融まで】

自分にあった方法を探しましょう。

 

お金を借りる方法は、家族や、親戚、友人などから借りる場合、キャッシング、カードローンなど銀行や消費者金融から借りる方法があります。
家族などから借りる場合は、トラブルのない様に注意が必要になってきます。

 

キャッシングは少ない金額から借りられるので一番便利ではないでしょうか?しかも担保も無しで借りられます。
ネットで審査してくれ、早い所はすぐに融資をしてくれる場合があります。
カードローンは、大きい金額のお金 借りる事が出来ます。

 

しかし、担保が必要な場合が出てきます。
しかし無担保で借りられる場合もありますので、一度相談してみる事をお勧めします。
カードがあればATMで簡単に引き出せ、返済できるので便利です。

 

ローンと言っても、車を購入する時に組む自動車ローン、マイホームを購入する時に組むマイホームローン、教育費を準備する時に組む教育ローンなどがありますので、自分にあった方法を選ぶ事が大切になります。
銀行や消費者金融などの場所については、金利の違いであったり、総量規制と言って貸金業法などの規制が出てきます。
総量規制とは収入の3分の1までしか借りられない規制で、消費者金融が当てはまります。
銀行は例外になります。

 

銀行に口座が無くても貸してくれる所もあるそうです。
今は、インターネットで検索すればいろいろ情報が入りますので、情報を集めてから借りる事が一番安全で確実なのではないでしょうか。
無理な条件があっても借りられたりします。
くれぐれも借りすぎには注意し、返済できる額だけ借りるようにしましょう。

 

総量規制とは?

 

さきほどテレビを見ていたら総量規制、という言葉がでました。
バブルがはじけた頃の日本経済への対処法にどんな間違いがあったのか、という番組内容で、総量規制、という言葉が出てきたのですが、特に説明することなくこれが問題だったのだ、というコメントで次の話題に移っていました(私が聞き逃した可能性もありますが)。
もしかしたら今後の経済を見る上で参考になるかもしれませんし、「総量規制」とは何か、簡単にでいいので、教えていただけないでしょうか?

 

★単純にいえば当時高騰していた不動産価格を抑制するために、銀行に向かってあまり不動産に対して融資を行わないようにせよ、といった通達のことを指します。
もっと厳密にいえば色々言えるのですが、これさえ押さえておけば大丈夫です。
なぜバブルに影響を及ぼしたかと言えば、これが原因で銀行が融資を渋り、不動産に関連する経済が回らなくなってしまったからです。
不動産関連の収支は莫大なものがありますからね。
ここが冷え込めば数字には大きな影響が現れ、経済が冷え込んでいるとの認識が広がり、景気が悪くなってしまう、というわけです。
一応、総量規制というのは金融全般に言えることです。
銀行や貸し付け関係の業務にはついて回る言葉で、特定の業種における価格高騰を防ぐために政府が金融機関に通達を送ることを、総称して総量規制と言います。
ちなみに規制緩和と言うのは、大抵それを緩くすることを指しています。

 

▲参考サイト:お金借りる方法